ディレクター紹介

キャロル • ダイアン

本場ニューヨーク出身のゴスペルシンガー。魂のこもった歌で、多くの聴衆の心を揺さぶる歌手であり、同時にクワイア指導者、ディレクター、作詞作曲家でもあります。ニューヨークのハーレムで、9歳の時に最初にクワイアを編成してから、今日まで数多くのクワイアを信念を持って指導してきました。その実力は、アメリカや日本の新聞、雑誌などで特集され、 CMやコンサートなどにも数多く出演しています。彼女の活躍をいくつかこちらでご紹介します。


CDプロジェクト


1999年 - インストゥルメント オブ

                   プレイズ

2001年 - オーハッピーデイズ

2005年 - ヒーイズ ザ ワン

2017年 - ミラクル (Single)

カーク・フランクリンライブで歌いました

ゴスペルコネクションミュージックスクールのキャロル・ダイアン先生が、アメリカの有名なゴスペルアーティスト、カーク・フランクリンのステージで歌いました。

キャロルPR 動画